藤村光環の弟子  山崎明咲(Meisho Yamasaki)のブログです。


by ayumi01_0222
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

平袖。

①平袖のパーツを裁断します。左から裏布(紅絹)ふき布、表布の順です。
a0108319_11564617.jpg

②それぞれを縫い合わせます。
a0108319_11565567.jpg

③紅絹とふき布の縫いしろは割って、表布と紅絹の縫い代は表布側に倒します。
a0108319_115731.jpg

④ふき布のところに綿を置き、しつけ糸で動かない様にしつけします。
a0108319_11571331.jpg

⑤紅絹と表布に袖山と袖付けの印をつけます。
a0108319_11572185.jpg

⑥中表に合わせて、袖付けの印を合わせ、その下から5ミリ控える様にまち針で止めます。
a0108319_1157308.jpg

⑦縫い合わせます。
a0108319_11574014.jpg

⑧上半分を中に入れ込みます。
a0108319_11575088.jpg

⑨裾を合わせて5ミリ控えた面が見える様に倒し、グルリと縫います。(袖のふり縫いの際は4枚一緒に縫いましたが、綿入りの平袖の場合はこの様に縫った方がスマートです。)
a0108319_11575872.jpg

⑩写真の様に裾の縫い代を倒しアイロンで整えます。
a0108319_1158764.jpg

⑪袖付け口から中を引き出し表に返します。
a0108319_11581517.jpg

⑫アイロンで整えます。5ミリ控えた分が中に入り込む形になます。
a0108319_11585413.jpg

⑬最後に綿止めをし、そで口に飾り紐を付けて出来上がりです。
a0108319_1159633.jpg

Commented by 大阪ママン at 2011-06-26 17:51 x
着物の作り方シリーズ、すごく嬉しいです!
今回の平袖も、自己流で悪戦苦闘の末、シュシュの作り方を見て使えるかも!と本を購入したりしましたが、それより楽そうで嬉しいです!
実際にやってみたらまた躓くこともあるでしょうが、下手の横好きと開き直り、のんびりまったり気楽に楽しもうと思います♪
作り方シリーズの次号も楽しみにしています^^

暑いですので、体調管理には一層のお心配りをなさってください。
Commented by ayumi01_0222 at 2011-06-29 12:56
大阪ママンさんへ

こんにちは♪
作り方シリーズようやくの公開です。写真と文章の難しさを感じました。是非マスターして下さいね。
疑問や質問は大阪の際に!
ふき縫いも準備しますね。おさらい出来るかしら?
by ayumi01_0222 | 2011-06-26 12:22 | 着物レッスン | Comments(2)