「ほっ」と。キャンペーン

藤村光環の弟子  山崎明咲(Meisho Yamasaki)のブログです。


by ayumi01_0222
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クリスマスです。

クリスマスは必ず丸鶏を焼きます。
それを頬張って食べるのが毎年の楽しみ。
しかし!昨夜、自転車で顎から転倒し鼻の下からスゴイ擦り傷をつくってしまいました。
そのせいで口が腫れて、痛くて丸鶏どころじゃありませんでした。
しかも!本日はエリザベートの千秋楽の観劇予定をしていたのですが、あまりの痛さと凹み具合に行く気も消失。
代わりに行ってくれる方が見つかったのが救いです。
そんなこんなで当分はマスクが手放せませんが、この程度で済んだので良かったです!
皆様もお気をつけください。
by ayumi01_0222 | 2008-12-25 01:23 | 着物制作 | Comments(9)

10号と8号の着物。

~10号~
大好きな銘仙です。
a0108319_22462072.jpg

錦紗縮緬の縞模様。
a0108319_2252538.jpg

~8号~
後ろもかわいい♪
a0108319_22525372.jpg
a0108319_22531432.jpg

by ayumi01_0222 | 2008-12-20 22:54 | 着物制作 | Comments(2)

色染め

本二越の白縮緬の反物を注文して赤に染めてみました。
最初の発色が気に入らず更に上から染め直し。
綺麗な濃い赤に染め上がりました。
赤は赤でもいろいろです。もう少し濃い朱赤も欲しいので赤を追い求める作業は継続しそうです。
a0108319_944214.jpg

a0108319_9464794.jpg

さすが本二越縮緬!
すご~く縮みました。でも伸ばしながらアイロンかけると元に戻ります。
a0108319_948263.jpg

最初の染め色と更に染めた色。
また違うメーカーの赤や他の色を混ぜたりとかチャレンジしてみます!
by ayumi01_0222 | 2008-12-16 09:51 | 着物制作 | Comments(0)

高校時代。

私は京都の美術高校の彫刻科を卒業したのですが、その頃の彫刻科の先生の展覧会が銀座で開催されていて、久しぶりにお会いしてきました。
私を含めて8人の彫刻科の仲間から4人が揃い、気分は高校生。
現在の私の原点でもあるその高校は、とても特殊で自由な高校で、教科の授業は普通の高校の約半分。3年生にもなるとほとんどが専攻科の実習。
私服で自由を重んじる、とても素晴らしい高校でした。
現在は再編されて、美大に進む進学校に変わってしまった様ですけど‥。
当時の先生の年齢にそろそろ追い付く事に少々とまどいながらも、現在に至る自分の人生を振り返る良い機会になりました。
by ayumi01_0222 | 2008-12-14 00:37 | 日記 | Comments(0)

縮緬の話。

この3種類の布は同じ「二越縮緬」です。
布の端を切ってよこ糸の撚りを確認してみました。
別名「古代縮緬」と言います。
昔はよく織られたようですが、現在ではその伸縮性や湿気を吸って縮む性質からほどんど織られていないそうです。
縮緬とはたて糸に無撚糸を使い、よこ糸に強撚糸を使い平織りした織物です。
二越縮緬とは「右に撚りをかけた糸」と「左に撚りを欠けた糸」を2本つづ交互に織り込んだものです。一越は一本づつ交互に織ったもの。
同じ二越でも糸の太さで随分変わるのですね。
a0108319_15512443.jpg
a0108319_15514839.jpg
a0108319_15521040.jpg
a0108319_155230100.jpg

3種類の糸の太さの違い。
a0108319_15525080.jpg

撚りを解くと三本と2本と一本になりました。
a0108319_1553813.jpg

by ayumi01_0222 | 2008-12-07 16:53 | 着物制作 | Comments(6)

台東区立下町風俗資料館

日曜日にいってきました。
特別展で「知ってる?子どものむかしの遊び」というのがやっていまして、最終日に行ってきました。1階は江戸たてもの園の縮小版って感じになっています。
おもしろかった♪
a0108319_8585459.jpg

a0108319_8591967.jpg
a0108319_8594699.jpg

by ayumi01_0222 | 2008-12-03 09:00 | 日記 | Comments(4)