藤村光環の弟子  山崎明咲(Meisho Yamasaki)のブログです。


by Meisho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

生地の工程~目の造形3

前回で紹介した裏から目を入れる方法以外に、目を置いてから粘土で瞼を造形する方法で作ってみました。
職人技の目切りをアレンジした方法です。

a0108319_22495684.jpg

目だまをおきました。
この時点で目がずれていたりするとアウトです。

a0108319_2251141.jpg

こんな目の子になりました。

a0108319_22515741.jpg

この子はまた別の子で途中の画像です。
# by ayumi01_0222 | 2007-11-29 22:54 | 人形制作 | Comments(6)

生地の工程~目の造形2

a0108319_22322730.jpg


のこぎりで切ります。

a0108319_2233191.jpg


目玉の部分をくりぬきます。なるべく左右対称に心がけます。
欠けたり、上手くいかなかったりしますが、そこは『目切り』と違い修正可能なのでじっくりお直しが出来ます。

a0108319_2238393.jpg

目玉を入れてライトにあてながら黒目の調節をします。
黒目の位置(上下左右)と目玉の出具合(前後)と確認します。
少しズレてるかしら…?

a0108319_22421764.jpg


こんなです。
写真でみるとあごが長いので少しけずろうと思います。
あと瞼とか目の形などの修正もこの後に行います。

写真は客観的に見れるのでとても役立ちます。
あと鏡もいいですね。
目のいがみやズレか一目瞭然‥!
# by ayumi01_0222 | 2007-11-27 22:45 | 人形制作 | Comments(4)

生地の工程~目の造形1

一般的に市松人形の職人さんの目の造形の方法は、生地の上に目を置いて胡粉塗りを終えた後で目を小刀で切りだす『目きり』と言う手法を用います。
この手法は熟練の技術であり、私にはまだまだ‥。
http://www.yumeshigoto.gr.jp/doll/seisakukoutei%20.htm(お人形の工程です)
なので私はいままでの造形で培ってきた方法で目の造形をしています。
もちろん目きりも出来るように修行中です。

a0108319_125245.jpg


両方とも同じ頭ですが、こんなにも変わります。

a0108319_1261399.jpg


目や輪郭の造形をして、雰囲気をたしかめます。
目を入れるのはこの後です。
# by ayumi01_0222 | 2007-11-25 12:08 | 人形制作 | Comments(6)

生地の工程~歪みの修正

生地を沢山抜いた中には、こんなに歪みが出たものもあります。
a0108319_0582861.jpg


この歪みを修正修します。
a0108319_058437.jpg

# by ayumi01_0222 | 2007-11-22 01:01 | 人形制作 | Comments(9)

生地の工程~ボンドばり

型から抜いた生地はバリがついています。
バリをヤスリで取ってから木槌で割ってボンドで貼り直します。
a0108319_1694786.jpg

合わせ目はしっかりと密着していないので、この作業は丈夫なお人形を作る上でとても大切な作業です。
# by ayumi01_0222 | 2007-11-18 16:09 | 人形制作 | Comments(4)